結婚指輪の知識について

###Site Name###
TOP > 結婚指輪の知識について

結婚指輪は婚約指輪とは違い結婚生活をしている間、ずっと身に着けているものなので個人の趣味に合わせて様々なデザインがあります。日本では戦後から西洋の文化が広まり教会で結婚式を行うケースが多くなり結婚指輪の習慣が取り入れられるようになってきました。



このマリッジリングには様々な意味があり仕事などでお互いが離れていても身につけていることによって、お互いをパートナーを身近に感じられる、身につけていることによって、自分が既婚者であることがわかり、異性との不要なトラブルを避けることができる、見るたびに幸せな気持ちになれるなどといった様々な意味があると言われています。



この結婚指輪は多くの方が同じデザインを選ぶ方が多いのですが、最近ではお互いに好みのデザインを選ばれるカップルも多いようです。

またマリッジリングの平均的な購入価格は1人あたり約十二万円となっており、二人で約二十四万円となっていますが価格の幅もとても広いので、とても安価なものから、オーダーメイドでつくられる高価なものまであります。


結婚指輪の素材の定番は、ゴールドとプラチナとなっておりその他にもシルバーやアルミ、チタンなどの素材も選ばれています。

プラチナは材料としての価格が高いので指輪の価格も比較的高くなるのですが、チタンやジルコニウムなどでつくられている指輪は取扱っているメーカーが非常に少ないので、こちらも比較的購入価格が高くなってしまいます。